状況・言動・症状相談

トップページ フォーラム メンバーコミュニティ 状況・言動・症状相談

4件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #876
      kobayashi
      キーマスター

      こちらのスレッドは、ご質問フォームへの統合により閉鎖させていただくことになりました。

      恐れ入りますが以降のご質問は
      ご質問フォームからいただけますと幸いです。

      また、既にいただいているご質問については植竹先生より回答を公開させていただきます。
      よろしくお願いいたします。

    • #840
      FUTOAGO3
      参加者

      1歳2ヶ月のお子さんについての相談です。
      2週間ほど前に、やっとずりばいで前進を始めたところ
      定頸4ヶ月
      寝返り1歳
      低緊張で、ベターっとしています。
      お座りは自力ではなく、お母さんに寄りかかるかんじです。
      目は合い、お母さんに笑顔を向けています。

      平衡感覚へのアプローチで、横や縦の揺れを入れていく、他には何ができるのだろう…
      具体的にどのようなことしていけばよいか知りたいです。
      よろしくお願いいたします。

    • #813
      FUTOAGO3
      参加者

      声量の調整が難しいお子さんについて相談です。
      お子さんに、ありさんの声、ウサギさんの声、ライオンさんの声で試みたところ、ライオンの声に反応して逆にガオ~!と楽しくなってもっと元気になってしまったことがありました。
      別のお子さんについては、ウサギさんの声と伝えるとその時には音量調整できていますが、すぐに大きな声に戻ります。なので、その都度、お知らせします。
      よく忘れ物をして帰るのでワーキングメモリの問題もあるのでしょうか?
      声量の調整については、どのように捉え、具体的にどのようにするのがよいのか知りたいです。

      • #848
        植竹 安彦
        参加者

        #813への回答を回答コーナーへお答えしております。

        ご覧くださいね。

    • #569
      hoyasjp
      キーマスター

      お子さんのご相談など質問をお待ちしております。
       
      最近の宇佐川研でいただいた相談では、「ことばがなかなかふえていかない」という4歳のお子さんのご相談をいただきました。
       
       
      ことばは、発達の総合産物ともいえます。
       
       
      ことばを話すには、伝えたいと思う意欲なども含めて様々な力が必要です。
       
       
      また、脳の中の言語野という部分がはたらくことも必要です。
       

      言語野は左脳にあります。脳の中で右脳と左脳が連携してはたらくことも大切です。
       
       
      よりよくはたらくには、まず、身体のミッドラインとも呼ばれる「正中軸」が育つことが必要です。
       
       
      正中軸を育てるには、宇佐川研で何度もお伝えしているように、回る、跳ぶ、揺れるなどの平衡感覚を使った運動や遊びをたくさんしていくことが大切です。

       
      さらに、音を理解する力や、ものごとをイメージする力なども必要となります。
       
       
      ことばが出ないからといって、無理に話させようとするとするのは、余計に脳に負担がかかり良くない方向へ向かいますので、まずはコミュニケーションとして、思いを楽しく伝え合う経験を大切にされてください。
       
       
      動画等でことばの発達についても今後お答えしていきます。
       
       
      ぜひ、サロンにご参加された方のご質問をお待ちしております。

      臨床発達心理士
      植竹安彦

    • #430
      kobayashi
      キーマスター

      お子様の言動などについての相談はこちらでお願いします。

      ・お子様の年齢
      ・具体的な言動
      ・いつごろはじまったか
      ・頻度

      などなるべく詳しく記載してください。

4件の返信スレッドを表示中
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。