#3874
yaizujin19
参加者

名前:筒井遵 つついじゅん
住まい:静岡県焼津市
職業:柔道整復師の資格を持ち、自費のリハビリ施設にて勤務
子供:長男(支援学校3年) 次男(年長)
いきさつと悩み:長男は少し小さく産まれ、定期的に病院にて検査をしながらも順調に成長していきましたが、二歳頃から言葉の遅れや耳の聞こえが悪いことに気付き、あちこちの病院に行きましたが、どこに行っても様子を見ましょうの一言で終わり、もやもやした日々を過ごしていました。元々あった睡眠時無呼吸の事で県内の病院に相談をするうちに医師から、ある難病の疑いがあるとのことで、検査をしたところ、進行性の難病が発覚し、そこから通院生活が始まりました。
関節や内臓に症状が出るのですが、中枢系にも進行性の症状が出る事が分かり、少しずつ発達障害のような症状が出てきており、今では様々な問題が出ています。
幸いにもリハビリに携わる仕事なので体に対するアプローチは出来るのですが、中枢に対するアプローチは未経験で、どうするべきかと日々悩む中で、去年宇佐川研に出会いました。突破口はこれだと思えた瞬間でした。そこからセミナーに出席したり本を読んだりして色々と試していますが、何かが足りないようで、もう少し踏み込んで勉強して実践していきたいと思いオンラインに登録させていただきました。長男の支援をしながらも、地元の子供たちの為に何か出来ればと思っております。
今は自己刺激行動のようなものをしていますが、1番の問題点はご飯を口いっぱいに詰め込んでほとんど噛まずに飲み込んでしまうことです。実際に肉や食パンの耳を詰まらせ窒息仕掛けたことがありました。
なので我が家では食事の際は長男をじっと見守り、食べるスピードをコントロールするような事をしているので、本来1番楽しいはずのご飯の時間がピリピリしています。家族みんなで笑いながら楽しくご飯を食べたいと思っております。
このサロンで勉強をしていき、長男の支援の糧としていきたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い致します。