#2158
madoka
参加者

○池田まどか
○東京都
○区立の療育センターの児童発達支援事業で、臨床発達心理士として、未就学児のクラス療育と個別療育に携わっています。
○こどもはおりません。
○まずは、支援者として生育歴から正しく情報を読み取れるようになりたいです。
そして、私も25歳の時に診断が降りたADHDとASDの当事者です。落ち着きなさすぎて、現にこのサイトの登録に3回くらい失敗してます。テストでは0点より下のマイナス1点を取った伝説も…。(毎朝同じ食事をとる父親もきっとこちらの人間でしょう。)私のことを、私がもっと知りたいです。無意識のうちに行なっている自分への支援、まだ見つけられてない支援、たくさんあるはずです。
○淑徳OGですが、淑徳とは関係ない職場へ行ったので、馴染みある宇佐川ワードが恋しくて宇佐川研の門をくぐりました。しかし、実際は宇佐川理論だけでは語りきれない、深く広い「感覚」の世界に驚きです。
千葉の出身ですが、地元では「療育」という言葉を知らない支援学級の教師とか、どこの学校もたらい回しにされる発達障害のお子さんとか、そんな悲しい話ばかり耳に入ります。
こんな私ですが、いつか地元に宇佐川理論とJASPARを、柱に置いた療育機関をつくりたいです。そして、当事者兼支援者として講演したり、お子さんたちの育ちを直接支援したりするなかで、地元の障害児者を取り巻く環境を変えて行くのが私の夢です。