#1346
FUTOAGO3
参加者

幼児教室で関わらせていただいているお子さんについてです。
・2歳6ヶ月(支援を始めたときの年齢)
・発語は一語文で数個のみ。
・コミュニケーションが取りずらく、お母さんもお子さんもお互いに意志疎通ができないことでストレスを抱えている
・思いが伝わらない、又思い通りにならないと泣き叫び、ひっくりかえる、叩く、噛む。
・目線が合いづずい。
・寝そべっていることが多い。
・手は握ってくれず、店の中や公園等どんどん走っていってしまう。
・スーパーの生鮮食品コーナーの場所を嫌がる。

以上のようなお子さんでしたので、以下の取り組みをしました。
・週に1回の教室でのバルンポリンの取り組み
・ご自宅でも、バルンポリンを用意。だが、家ではあまりバルンポリンをしなかったとのこと。
そのかわり、トランポリンは自分で上手にたくさん跳ぶようになった。又、トランポリンの上で、好きなおもちゃで遊んだりのんびり寝転んだりとトランポリン生活を楽しんでいたとのこと。
・公園に出掛けた時に、意識をしてブランコ遊びをたくさんした。

以上の実践で、1ヶ月後くらいから変化がみられてきました。
・発語が増えた。
・泣き叫ぶことが減った。
・噛まなくなった。

実践を始めて半年たった3歳のときには、お母さんもあの頃の悩みが嘘のようだというくらいに変化がみられました。
・ことばが増え、会話ができるようになった。
・泣き叫んだり、叩く、噛むことは一切なくなり、順番を譲ったり、お友だちやお母さんにとても優しく接するようになった。
・ひとりでどこでも走っていってしまうことはなくなった。
等、書ききれないくらいの変化がありました。

平衡感覚へのアプローチで
・正中線ができた→脳が正常に機能を始めた→発語が促された
・聴覚、触覚の過敏を軽減

このような成果なのかな、と思っています。
(違いますか?(^_^;))

お子さんもお母さんも笑顔で過ごせている日々が、私も嬉しく思っています。